【持続可能な地域づくりに向けて(1/13)】 -元気になる農業の未来とは-

少子高齢化により農業の担い手が不足しています。

耕作放棄地をどうしようかとお悩みではありませんか。

農福連携に取り組むことで、障害者等の就労や生きがいにつながるだけでなく、新たな担い手の確保につながる可能性もあります。

この講座では、農薬と化学肥料に頼らない農法を実践し、農福連携にも取り組んでいる小巻氏を講師に迎え、農業の未来を展望します。是非、ご参加ください。

日時 令和5年1月13日(金)14時~16時(受付13時30分~

テーマ 

持続可能な地域づくりに向けて  - 元気になる農業の未来を展望する-

講 師 小巻 秀任 氏 (株)湘南小巻ファーム代表

<プロフィール>

1982年   神奈川県平塚市生まれ。幼い頃から祖父母と農業に親しむ。

 東京農業大学を卒業後、民間の製薬会社に就職する傍ら休日を利用して兼業農家になる。

 現代農業のあり方に疑問を持ち、自ら農薬と化学肥料に頼らない農法を模索。

2009年 「小巻農園」を設立し、祖父から譲り受けた農地1.5haを耕し始める。

 様々な農家さんを訪問する中で、固定種の大切さに気付かされ、日本各地を行脚。

 約4年間、農家さんを訪ねまわり固定種を集める。その数は400種類を超え、

 今は消えつつある固定種を自家採取し継承する活動を行う。

2015年  農業生産法人となり「株式会社 湘南小巻ファーム」を設立。 

 その後、クレソン事業部及び、農福連携事業に着手。また、

 植樹活動などの環境保護事業も行う。現在の農地は約6.5ha。  

 

会 場 山北町立生涯学習センター 2階 会議室

参加費 無料

 

申込み  申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、FAXにて事務局まで送信願います。

ホームページからお申し込みの場合は、「お問い合わせ」をクリックして、「イベント参加申し込み」を

チェックし、お名前、TEL、住所、メールアドレスをご記入のうえ送信してください。

 

定員 15人(先着順)

案内チラシは、こちら 持続可能な地域づくりに向けて(農業の未来を展望する)(チラシ表)

申込書は、こちら 持続可能な地域づくりに向けて(申込用紙)word版