リーダーのあり方を論語に学ぶセミナーを開催します!

このセミナーは、すべての市町村において推進すべき地域包括ケアの理論と実践するために必要な論語を学びます。

地域包括ケアの推進にあたっては、地域づくりのリーダーが不可欠です。農民聖人といわれた二宮尊徳、日本人の精神を世界に発信した新渡戸稲造、わが国の資本主義の父といわれた渋沢栄一などは、論語の実践者として有名です。

そこで、リーダーのあり方を論語を学び、地域包括ケアの実践に役立てることを目指します。

今回は、「介護の現場で人間力を磨く」の著者である瀬戸恒彦氏が、リーダーが身につけておきたい論語を紹介し、地域包括ケアの実践に向けた学びを深めます。

 

日時 10月28日(金)14時~16時(受付13時30分~

テーマ 地域包括ケアの実践に向けて -リーダーのあり方を論語に学ぶ-

講 師 瀬戸 恒彦 氏  (公益社団法人かながわ福祉サービス振興会 理事長)

会 場 山北町立生涯学習センター 2階会議室

参加費 無料

特 典 参加者には、「介護の現場で人間力を磨く」(中央法規出版、1,800円税別)をプレゼント

 

申込み  申込書にご記入の上、メールかFAXにて事務局までお送りください。

定員 20人(先着順)

ご案内チラシは、こちらセミナー(チラシ)

お申し込みは、こちらセミナー申込書

※ホームページからお申し込みの場合は、「お問い合わせ」をクリックして、「イベント参加申し込み」をチェックし、お名前、TEL、住所、メールアドレスをご記入のうえ送信してください。